すぐに行動に移せる奴は成功できる

はい、どーも

 

別のビジネスの準備やらなんやらで忙しく
なかなか更新頻度上げていけておりませんが・・・

 

いい加減こっちも盛り上げて行かなきゃなってことで
頑張っていこうと思うております。

 

さて今回は
「なんだかんだ言っても、結局はすぐ行動できるやつが
成功するんだよ」
って話です。

 

告知してないんで誰も覗いてないと思いますけど
LINE@虎の穴のホームにもチラッと書きました。

 

成功する人と成功しない人との差ってほとんど無いんです。
あるとしたらそれはすぐに行動に移せてるかどうか?
なだけ。

 

これを知ってるだけで、人生がガラッと変わります。
もしも、あなたがいつもすべてを先延ばしにして
チャンスだと気づいているのに行動できていないのなら
この記事をきっかけにすぐに行動できるようになれば
嬉しい限りです。

 

行動できない人の特徴

行動できない人には共通点があります。
行動できない人の特徴を知って、自分はどうなのか?
まずは認識することが重要です。

 

人生には失敗があると思いこんでいる

こう思い込んでいる人は本当に多いです。

 

このサイトを熱心に読んでくださっている人なら
分かっていらっしゃると思いますが、
以前にも、人生における失敗とは何かってことは
書いています。

 

こちらの記事になります

Do not be afraid

塞翁が馬

まだ読まれてない方は、読んでみてください。
これだけでも人生変わります。

 

人生において失敗などないと言っても
良いと思います。
あるとするならば、上手くやろうとしすぎて
何もアクションを起こさないことです。

 

変わることを怖れて、現状維持しようと思っても
それは退化、老化していくのと一緒です。

 

常にチャレンジし、アクションを起こし続ける。
その中で起こる失敗は経験となるので
あなたの人生を変える糧となります。

 

時間は有限と理解していない

こちらも本当に多いですね。
次の日が当たり前に来ると思いこんでいる。

 

明日どころか、次の瞬間でさえ
あなたに訪れるのか保証はされていません。

 

そして過去には2度と戻ることも出来ません。
あ〜あそこでやっておけば良かったと
思い直して、そこまで戻ってやり直そうなんてことは
出来ませんからね。

 

時間は有限だという話は多分、皆さんどこかで1度は
聞いているはずです。
ですが、「あ〜知ってる知ってる」と済まさずに
しっかりと自分は時間が限られていることを
本当に心底、理解しているかどうか
何度も問いかけてみてください。

 

なんでも自分一人で解決しようする

先程の時間は有限であるという話と
繋がる部分でもありますが、

 

時間を有効活用するためには、
自分一人でやろうとしても限界がきます。
当然、時間も大幅にかかってしまいます。

 

問題を解決するのに時間がかかってしまって
どうして良いかわからなくなり
問題を先延ばし、してしまうのです。

 

自分ひとりでやろうとするのではなく
解決出来ない問題は解決できそうな人の力を
借りたら良いんです。
餅は餅屋で自分の専門外や苦手なことは
それを得意とする人に頼んでやってもらえば良いのです。

 

結局、何か行動しようとしても
いちいち何かに突っかかって先に進めない状況が
生まれると人は極端に行動意欲が薄れてしまいます。

 

他力を使うことは決して悪いことでは
ありません、常に何か解決してくれる糸口は無いかと
考える癖をつけましょう。

 

過去と未来に囚われて思考停止してしまう

過去に囚われるというのは
過去の失敗をいつまでも引きずって、行動できない状態です。

 

うまくいかなかった体験から何をするにしても
自分を信じることが出来ずに、うまくいかないと
決めつけてしまいます。

 

そんな状態で行動できる人はいません。

 

未来に囚われるというのは
まだ起こってもないことに対して
悪い方に悪い方にイメージを膨らまして、
動けなくなる状態のことを言います。

 

先のことなど分からないですが
こうなったらどうしよう
ああなったらどうしようと人間は考えます。
しかし、これは特に悪いことではありません。

 

先のことをある程度、考えておくことは大切です。
問題なのは〜なったらどうしよう。でその先を思考停止して
しまうことです。
〜なったらどうしようと考えたら、そうならないために対策を練って
行動につなげればいいのです。

 

ここで過去に囚われる人、未来に囚われる人の
共通点は上手くやろうと考えていることです。

 

何度も言いますが、上手くやろうとしなくて良いんです。
失敗すれば良いんです、たくさん失敗していく中にこそ
成長、進化の種が隠されているからです。

 

すぐに行動している人の特徴

行動できない人の特徴はお分かりいただけた
でしょうか。
あなたはいくつ当てはまっていましたか?

 

1つも当てはまらなかったという人は
かなり行動することに制限がない人になります。
次は、そんなすぐに行動できる人の特徴を知っていきましょう。

 

悩むことは無駄だと知っている

悩むということと考えるということは違います。
【考える】ということはロジカルに解決を図るために頭を使うことで、
【悩む】というのは堂々巡りな考えをいつまでもして、
何一つ行動に移さないことです。

 

悩んでも生産性は生まれないってことを知っているので
それよりも何か1つ仮説を立てて、それを実行する。
try&errorを繰り返し、1歩でも先に進もうとします。

 

どうしたら成功できるか常に考えている

どうしたら成功できるかを常に考えているということは
失敗することを考えていないということになります。

 

思考は現実化すると言われてたりしますけども、
失敗ばかり考えていたら失敗してしまうんです。

 

かといって夢ばかりを考えていてもダメです。
どうしたらそこに辿り着けるのか?
どんな方法で?
どうやれば?
具体的な方法をいつも探し、考え、試しています。

 

成功するためにどうしたらいいか考えていれば
成功に近づいていくということです。

 

行動しないことのほうがリスクが大きいと知っている

行動できない人の特徴で失敗を恐れるがゆえに
行動できないというのを挙げました。

 

しかし、行動できる人というのは失敗をリスクと考えていません。
むしろ、失敗は行動した結果ですので行動していることに
メリットを感じています。

 

失敗という結果を手に入れているんです。
これは大きな1歩であると考えるべきなんです。
そういった経験が積み重なれば、それは知識となり
新たな挑戦への土台となっていくのです。

 

何よりもリスクなのは失敗も成功も
なにも得ることのない行動しないという選択をすること。
それこそが最も愚かな行為であるということを知っているのです。

 

シンプルに考える

人は複雑に考えれば考えるほど、動けなくなる。
選択肢が増えれば増えるほど、どうしていいか分からなくなる。

 

物事というのは大抵シンプルなはずなんですけど、
それをややこしく難しくしているのは人間なんです。

 

どうしても複雑に考えてしまう人は
問題を分解して細かくして行動しましょう。

 

シンプルに考えるためには具体的にすることが重要です。

いきなり最終的な結果を求めるのではなく
小さな1歩の成功を積み重ねて行ってください。

 

とりあえずやってみる精神

慎重に慎重に物事を運ぶ人がいますが、
これでは現代社会のスピードについていけず
置いてけぼりを食らってしまいます。

 

シンプルに考え、問題を細分化したら
とりあえずやってみればいいんです。

 

成功している人は特にスピードを大切にしています。
それはなぜか?時間が有限であると知っているからなんですね。

 

石橋を叩いて渡ろうとしている間に
他の人はみんな渡ってしまいます。

 

例えば長い橋があってその先に財宝があったとします。
10通りの行く方法があって、その中の1つだけが向こうに
辿り着くことができます。
行動できない人はどれが辿り着ける道なんだろうかと
考えて動き出せず時間だけが過ぎていく。

 

一方、行動できる人は片っ端から
試していくので早ければ1発目で引き当てることも
可能だし、遅くとも10回目では財宝を手に入れることが
できます。

 

目的は何でしょう?
失敗せずに上手くやることが目的ですか?
違いますよね。
要は成功したらいいんです。
そこに行くまでのプロセスなんてのは関係ないんです。
傷だらけになろうが泥まみれになろうが、
何度も失敗していようが、最終的に成功を手にしていれば
いいんです。

 

まとめ

行動しましょう。
すぐやる癖をつけていきましょう。

 

あなたの人生を変える最初の1歩は
少しだけの勇気だけです。

 

少しだけの勇気で小さな1歩を踏み出せば
あとは何とでもなります。

 

ぜひ、何かを感じ取っていただけたなら感想やコメントいただけると
嬉しいです。お問い合わせ、LINEに何か書き始める。
これも小さな行動の一つだと思いますよ。

 

最後まで読んでくださってありがとうございます。
この記事を読んで、少しでもあなたの人生を変えるきっかけになれば
幸いです。

コメントを残す