絶望から始まる希望を知りたくはないか

はい、どーも。

突然ですがあなたはFXの1日の取引量をご存知ですか?

FXは相場の中でも人気の相場で、1日の取引量はなんと
5
兆ドル(558兆円)にせまるほどです。

この巨大すぎる為替市場はありとあらゆる要因が
折り重なって動いています。

これは人が認知できるレベルを絶望的に超えているんです。

それなのに多くの人はテクニカル分析やら、
ファンダメンタル分析などでその動きを把握しようと
したがります。

相場の本質を何も理解していない証拠です。

無駄なんです。出来ないんです、
このランダムウォークの相場を理解することは。

ほとんどの人がやっていることは、
結局の所こうなってほしいなぁという希望的観測
予想しているだけに過ぎません。

感情ではなくロジカルに考えよう

現状を理解し把握する

問題解決をするのにまず手始めは
現状を把握することです。

自分は何が分かってないのか?

どういう状況なのか?

どうしたいのか?

何が目的なのか?

これを明確にしましょう。
そして、1つここで明確にしておきますと
何が分かってないって相場をコントロールすることなど
できないってことを理解していないんです。

理解できてない原因

次に原因を考えます。

最近ではYouTubeなどでチャンネル登録数欲しさに
連日、動画をアップしてる人が増えました。

どいつもこいつもここが押し目だからとか、
ここまでは行くと思うんですよねとか、
この辺に来たら売られると思うとか言ってるわけですよ。

こういう動画を見た初心者は「勉強したら、
相場を理解できるようになるんだ」と
思ってしまうだろうな。

でも実際はいくら勉強したって相場を理解することなど
できないし、コントロールすることなど不可能です。

そんなことぐらい知ってるよと言ってる人も
言ってるそばから次の展開はどうなる?って予測し始めるんです。

またブログなどセミナーでもみんな同じようなことを
言ってます。

上位足から見ていけば下位足の動きがわかるとか、
分かるはずがないんです。

これが原因です。それらの情報をただただ鵜呑みにしている
のが相場を理解していない原因です。

原因に対する効果的な打ち手を考える

まずは何でもかんでも情報をただ鵜呑みに
するのは辞めましょう。

自分の頭で考えるってことをして下さい。

そして、全てにおいて疑いを持って
情報を見ていきます。

当然、私の言ってることも疑ってかかって下さい。
何を言ってるんだ、こいつはと。

なんでこういう事を言ってるんだろう?
その真意はどこにあるのだろう?と
常に懐疑心で情報をみていって下さい。

そして、ここが一番重要です。

絶望してください

為替相場において事前に予測などできない。

何をしてもどんな事をしても
未来を予測することなどは不可能です。

中途半端にもしかしたら予測できるように
なるかもしれないとか、

訓練を積めば、勉強したら
相場の先を読めるようになるかもしれない。

なんて淡い希望を抱いているから
変な情報に振り回されてしまうんです。

脳がちぎれるほど考え抜け

とことん絶望しましたか?

そしたら絶望の淵で脳がちぎれるほど
考えて下さい。

どうしたら勝てるのかと。

予測もできない。
コントロールすることも出来ない。
自分ではどうすることも出来ない状況で
それでも、何か自分に出来ることはないのだろうか?
と考え抜いてください。

絶望の淵に希望がある

考えに考え抜いたあなたには
1つの希望を見出すことでしょう。

私が思うにこの何もかもが不可能に思える
相場に対して、唯一の手段が。

あえてここに「希望」は書きません。

このブログを隅から隅まで
読んでくれてる方には分かるはずです。

もしかしたら絶望しなければ
分からない事なのかもしれません。

まとめ

今まではどちらかと言うと
前向きなポジティブな記事を書いてきたつもり
ですけども、

今回はあえてネガティブな言葉から
書いてみました。

しかし、これはポジティブなネガティブ・・・
なんか矛盾してますね(苦笑)

究極なネガティブからはポジティブを
見出せるのかなと。
陰と陽
表裏一体
天才とバカは紙一重とでもいいましょうか。

人生でも一緒ですけど、
一度絶望して、そこから這い上がる人には
とても大きなエネルギーが備わってきます。

絶望から始まる希望は
そこにあるのかもしれませんね。

 

今回の記事を読んで、思うこと。感じること。
あれば是非、教えてください。

お待ちしております。

コメントを残す