損切りの考察

はい、どーも

 

ジェネシスでは損切りも利確も
すべてルールが決まっていて、正直なところ
話すことって無いんだけど

 

そこに至るまでの考え方ってのは
書いておいたほうが良いかなぁと思ったので。

 

よくあるのは損切りも利確も
相場に合わせて利確はこう考えなさい
損切りはこう考えなさい
ってのがあると思うんですけど、

 

まぁ、ぶっちゃけめんどくさいよね(笑)
最終的にはこれが答えなんだけど、
つらつらと書いてみたのでお付き合いください。

 

損切りは何故出来ないのか?

まずはそうですね、
損切りに対していくつか問題はあるかと思うんですが

 

その中でも損切りができないって人の
代表的な理由がこれですね。

 

プロスペクト理論

プロスペクト理論はググればたくさん出てきます。
特に投資関係の話と絡めて書かれていることがあるので
参考に調べてみてください。

 

調べると以下の質問がよく使われています。

 

質問1:あなたの目の前に、以下の二つの選択肢が提示されたものとする。

選択肢A:100万円が無条件で手に入る。
選択肢B:コインを投げ、表が出たら200万円が手に入るが、
裏が出たら何も手に入らない。

質問2:あなたは200万円の負債を抱えているものとする。
そのとき、同様に以下の二つの選択肢が提示されたものとする。

選択肢A:無条件で負債が100万円減額され、負債総額が100万円となる。
選択肢B:コインを投げ、表が出たら支払いが全額免除されるが、
裏が出たら負債総額は変わらない。

 

さて、どちらを選びましたか?

 

まず質問1
貰える金額の期待値はいずれも100万円であるにも関わらず
ほとんどの人がAを選ぶと言われています。

 

続いて質問2
興味深い事に、質問1でAを選んだ人のほとんどがBを選ぶそうです。

 

はい、この結果、矛盾してますよね?
質問2は質問1と同じく貰える期待値は100万円です。
ただ何が違うのかと言うと、

 

質問1100万円のお金が貰える
質問2100万円の負債が免除される

 

本質的には両者は同じ事を表しているのにも関わらず
言い回しを変えただけで選ぶ方が変わってしまうのです。

 

この実験から分かる事は、人間は
1.目の前に利益があると、利益が手に入らないリスクを回避する
2.目の前に損失があると、損失そのものを回避しようとする

 

利益獲得局面では危険回避的である一方で、
損失局面ではリスク追求的となる。

 

これが「プロスペクト理論」の
いわんとしていることです。

 

損切りの考察

代表的なところで「プロスペクト理論」を
挙げてみたんですけど

 

まぁ、他にも自分のとった行動
ここで言うと取ったポジションが違ったということで
自分が否定されたと思い、認めたくなかったりして
損切れないとかってのもありますよね。

 

システムチックにやるのがベスト

人間ってのは本能的に
投資に向いてないってことがよく分かる

 

だからなるべくシステムチックに
自分の判断・裁量を排除した形でやることが
FXで勝つためには良いというのが私の考えですね。

 

また相場はどうなるか分からない
先のことなど分からないってことが大前提に
あるわけなんですよ。

 

ベストな損切り
ベストな利確ってのはないんですね。

 

だったら相場の状況に合わせて
毎回毎回、変えるんじゃなくて
確率に基づいて出した損切り・利確を
したら良いと思います。

 

上手くやろうとしても
上手く出来ないから、めんどくさいことは
しなくても良いんじゃないかなと思いますね。

 

判断の数が多くなると思考停止してしまう

人間の脳は基本、同時に2つのことを考えることが
できません。

 

あれもこれも考えなきゃいけない状況だと
どうしても1つのことの精度といいますか、
考えが曖昧になってしまうんですね。

 

エントリーも考えなきゃいけない
同時に損切りも考えなきゃ、
利確も考えなきゃ・・・
なんてやってたら、そりゃ1つ1つの思考が
甘くなりますよ。

 

だったら全てルールで決めてしまって
ルールに合致してるかどうかだけに
集中したらいいんじゃないですか?

 

同じ相場は2度と来ないなんて言われて
いるのに、毎回、相場に合わせた損切り・利確
してたら疲れちゃいますって。

 

もっとシンプルに考えましょ。
もっとシンプルにやりましょ。

 

FXは確率で考えるゲーム

これから長いことFXに付き合っていこうと
考えてるなら尚更です。

 

これから何百何千っていう取引って考えたとき
1つ1つのトレードで熟考してたら
身が持ちませんからね。

 

プロセスじゃないんで
結果なんで。

 

最終的に利益が残ってれば良いわけなんですよ。
上手い下手関係ありません。

 

取ったポジションに意味なんて持たせるから
切れなくなるんです。

 

なんの意味もない、ただ確率的に
勝ちやすいってほうを選択したに過ぎないんですから
負けたら、その反対に入ってしまっただけのことなんで。

 

そこを理解してもらえたら良いかなと
思います。

 

まとめ

判断することを極力減らしましょう。
損小利大になるルールなら何でも良いんで
ルール決めて、統計取ってみてください。

 

例えばですけど、
損切り10pips利確20pipsって決めたら
毎回、それで統計取ったら良いんです。

 

1000場面ぐらいやってみて
期待値出してみれば良いんですよ。

 

やること決まってるから
あとは量をこなすだけなんで
簡単じゃないですか?

 

検証も捗りますよ。

 

ちなみにジェネシスは損切りも利確も
ガチガチにルールが定まってます。

 

例外はありません。
例外なしで10000以上の検証数こなして
常にPFは3.0近く叩き出してます。

 

損小利大のルールが確立されているんで
あとは検証で確かめて実践するだけです。

コメントを残す